ミームの心臓について


主宰の酒井一途を中心に、2010年4月旗揚げ。

時代の潮流を見据えた上で、容易に消費されることのない作品を上演していけるよう心懸けている。
その作風は「品の良い、透き通った作品」と評価される。

旗揚げ以降6回の公演を行い、3065名を動員。(うち4回が本公演、2回が当団体主催の企画公演)

第二回公演『ケージ』(2011年8月4~7日@池袋シアターグリーンBASE THEATER)では、 現実を諦観し理想を夢見ない現代の若者と、 現実感の伴わぬ理想を胸に抱いた全共闘時代の若者との邂逅から、「現実とは理想とは」という若者が通らねばならない問題を追及した。 出演者6名、4日間7ステージで502名を動員。シアターグリーン学生芸術祭プロデューサー賞を受賞。

企画公演『学生版日本の問題』(2011年12月21日~25日@渋谷ギャラリーLE DECO4)では、 荒川チョモランマ(早稲田大学) 、思出横丁(桜美林大学) 、劇団けったマシーン(青山学院大学) 、声を出すと気持ちいいの会(明治大学) 、ミームの心臓(慶應義塾大学) 、 四次元ボックス(日本大学藝術学部)の六学生劇団を集い、短編作品を上演。

また企画公演『focus.神話』(2013年5月2日~8日@王子小劇場)では、 ハイブリットハイジ座(早稲田大学)、ミームの心臓(慶應義塾大学) 、四次元ボックス(日本大学藝術学部)の三学生劇団を集い、神話をテーマに一時間の作品を一挙上演。7日間14ステージで825名を動員。全公演大入りの大盛況の中幕を閉じた。両企画公演ともに主宰の酒井がプロデューサーとして活動した。

「ミーム」とは、人の心から他者の心へと伝染し、進化していく文化の遺伝情報のこと。
遺伝子ジーン(gene)が生物的に人の身体を形成していくのに対し、 意伝子ミーム(meme)は文化的に人の精神を形作っていく存在となる。 私たちの脈打つ心臓から送り出されたミームが、お客さまの心に問題意識の欠片として蒔かれ、 多様な姿形をして育っていくことを願い、劇団名とした。

第三回公演『幻想の方舟』ダイジェスト映像


酒井 一途 Sakai Itto

主宰 / 劇作 / 演出
1992年3月29日生まれ
慶應義塾大学文学部国文学専攻卒業

(photo by Shuichiro Mouri)

慶應高校在学時より演劇活動を始め、大学に入ると同時に学外にて《ミームの心臓》を旗揚げ。全公演の脚本を手がける。他に演出、プロデュース、運営。
言葉とならないままに、日々積もり重なってゆく思いに寄りそえるような文章を。

文章を書きました。ネット上にPDFで公開中です。よろしければお読みください。
『人間の罪』http://www.heart-meme.com/script/schuld.pdf

【掲載情報】
三田文学 2014年冬期号
 松永澄夫『風の想い--奈津--』書評、「息、溶けあって風となり」

【執筆作品】
 戯曲『東の地で』(2013年5月上演 63枚 / 2015年2月改訂版再演 79枚)
 戯曲『幻想の方舟』(2012年9月~10月上演 134枚)
 短編戯曲『vital signs』(2011年12月上演 23枚)
 戯曲『正義の天秤』(2011年3月 / 未発表 109枚)
 戯曲『ヴィジョン』(2010年9月上演 127枚)
 戯曲『ケージ』(2010年3月上演 145枚/ 2011年8月改訂版再演 122枚)
 戯曲『ブランク』(2009年8月上演 132枚)

プロフィールサイト
twitter @itto_sakai
facebook
itto.sakai*gmail.com


有吉 宣人 Ariyoshi Nobuto

役者
1991年8月3日生まれ
慶應義塾大学文学部独文学専攻在学中

慶應義塾高校在学中、ラグビーで腰を痛めて暇を持て余していたところ、友人に誘われ演劇部と映画部に入部。主宰の酒井と運命的な出会いを果たす。 20代とは思えぬ老成した顔立ちと180cmを越えるルックスで視線を集める。味のある演技とは何ぞやと悩む日々。サリンジャーがお好き。

【主な過去出演作】
■舞台
劇団はへっ『矢印』(作・演出:木村和博)
劇団きみにほ『舞台版・鉄道員(ぽっぽや)』(原作:浅田次郎、演出:田中優樹)
工場の出口『テロルとそのほか』(作・演出:詩森ろば)
ミームの心臓『幻想の方舟』(脚本:酒井一途、演出:岩渕幸弘)
ロ字ック主催「鬼FES2012」/荒川チョモランマ『チョモランマの登り方』(作・演出:長田莉奈)
GALAobirin2012 交流公演企画「素晴らしき青春 第六幕」/『動物農場』(作・演出:木村和博)
企画公演「学生版日本の問題ver.311」/荒川チョモランマ『止まり木の城』(作・演出:長田莉奈)
企画公演「学生版日本の問題」/ミームの心臓『vital signs』(作・演出:酒井一途)
企画公演「日本の問題」/風琴工房『博物学の終焉』(作・演出:詩森ろば)
ミームの心臓『ヴィジョン』(作・演出:酒井一途)
慶應義塾高校・女子高校演劇部『ケージ』(作・演出:酒井一途)
ほか
■映画
moku moku film『ばらばら』(監督:内田裕基)
TETRA FILM STUDIO『漂泊』(監督:松本翼)
TETRA FILM STUDIO『桜ノ雨』(監督:田中博巳)
ほか
■CM
|2015年
横浜市消防局 熱中症対策CM
いちまるグループ 企業CM
|2014年
株式会社コロプラ 企業CM ホワイトボード編
Google Japan 音声検索アプリ
GREE AKB48ステージファイター 一緒に踊ろう篇
|2013年
JT Roots 缶コーヒーCM


blog『茫洋百景』
tumblr『Crumb of life.』
twitter @arinqooo
facebook
ariyoshi0803*yahoo.co.jp


INFORMATION

お問い合わせは下記メールアドレスまで。
info*heart-meme.com 「*」→「@」