− Cast −

 有吉宣人 / Nobuto Ariyoshi
1991年8月、神奈川県生まれ。慶應義塾大学文学部在学中。
大学入学と同時にミームの心臓の旗揚げに参加。以降、劇団員として活動。
持ち味の誠実な対話力によって、地に足のついた堅実な演技を行う。空間に自然に溶けこむことを得意とし、公共ホールから小さなギャラリー、時には海沿いの倉庫や屋外の原っぱまで幅広い出演の機会を得てきた。2015年1月、王子小劇場主催の「佐藤佐吉賞優秀助演男優賞」優秀賞を受賞した。

【主な出演歴】
2015年
 荒川チョモランマ『キヨとゴーダ』(作・演出:長田莉奈)
2014年
 カミグセ『その揺れでふれる手』(脚本・演出:つくにうらら)
 劇団天動虫『DOLL 後ろむきな人生の前むきな歩き方』(作:野村ようすけ、演出:帆足知子)
2013年
 劇団はへっ『傍白』(作・演出:木村和博)
 荒川チョモランマ『20文字のRiver』(作・演出:長田莉奈)
 劇団きみにほ『舞台版・鉄道員(ぽっぽや)』(原作:浅田次郎、演出:田中優樹)
2012年
 工場の出口『テロルとそのほか』(作・演出:詩森ろば)
 ミームの心臓『幻想の方舟』(脚本:酒井一途、演出:岩渕幸弘)
 GALAobirin2012 交流公演企画「素晴らしき青春 第六幕」/『動物農場』(作・演出:木村和博)
 小林依通子 / Itsuko Kobayashi
1992年1月、東京都生まれ。大学在学中、ザ・ミュージカル・アカデミー(旧東宝ミュージカル・アカデミー)のオーディションに合格。01期生として、演技・歌・ダンスを学ぶ。
人物の内面に生じる揺れを繊細に表現する演技力を強みとして、ミュージカルだけでなく、ストレートプレイにも多数出演している。幼い娘の役から先生役、娼婦役など多彩な役柄を演じ分ける。
現在はフリーで舞台の演出や歌唱指導を務め、 その活動は多岐にわたる。2015年にはソロライヴを控えている。

【主な出演歴】
2014年
 ミュージカル座『ひめゆり』親泊先生役(作曲・音楽監督:山口*(王偏に秀)也、脚本・演出:ハマナカトオル)
 ミュージカル座『カムイレラ』シホレ役(脚本・作詞・作曲・演出:藤倉梓)
 ミュージカル座『タイム・フライズ』渡辺久美子役(作曲・音楽監督:玉麻 尚一、演出:菊地まさはる)
2013年
 ミュージカル・アカデミー卒業公演『レ・ミゼラブル』出演
 ミュージカル・アカデミーダンス公演『Dance Collection 2013』(振付:前田清実、青木美保、河野有紀子)
 ミームの心臓『東の地で』息吹役(脚本・演出:酒井一途)
2012年
 ミームの心臓『幻想の方舟』クィア役(脚本:酒井一途、演出:岩渕幸弘)
 ミュージカル・アカデミー 演技試演会『花咲く港』主演おかの役 (菊田一夫 原作)
2011年
 ミームの心臓『ケージ』藤間景子役(脚本・演出:酒井一途)


 − Performer −

 音楽・ピアノ演奏:酒本信太 / Shinta Sakamoto
1991年生まれ。音楽家。
現在、N.O.R.KのOBKR氏と共に立ち上げたレーベル"Tokyo Recordings"でプロデューサーとして主に活動。来年4月に作品の全国リリースが予定されている。

【主な作品歴】
・アーティストプロデュース
 綿めぐみ アルバム『災難だわ』
 XANAX EP1 『XANAX』
・楽曲提供
 Tokyo New Cinema 映画『Plastic Love Story』
 ミームの心臓 舞台『ケージ』

twitter https://twitter.com/MrSKarma
Web Site http://www.tokyorecordings.com/
 チェロ演奏:グレイ理沙 / Lisa Gray
東京都出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、現在東京藝術大音楽学部2年に在学。第66回全日本学生音楽コンクールチェロ部門高校の部1位。第11回東京音楽コンクール弦楽部門入選、本選でコンチェルトを東京交響楽団と共演。

倉田澄子、堤剛、ミクローシュ・ペレーニ、アラン・ムニエ、ガブリエル・リプキン、ジャン=ギアン・ケラス各氏のマスタークラスを受講。2013年、毎日新聞主催による音楽奉納を泉涌寺即成院にて行う。2014年、日本チェロ協会主催、「第4回チェロの日」で独奏、同年5月、横浜みなとみらいホールにて「マキシム ヴェンゲーロフ&ヤングアーテイスト」に出演。三井住友海上文化財団推薦により、2014年12月、2015年1月に岩手県大船渡市および千葉県多古町にて「地域住民のためのコンサート」で演奏。これまでに、桑田歩、河野文昭、山崎伸子各氏に師事。

※グレイ理沙の出演回は、6日20時、7日15時、9日20時、10日15時、10日18時半です。
 チェロ演奏:稲本有彩 / Arisa Inamoto
宮崎県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、現在東京藝術大学音楽学部3年在学中。第7回横浜国際音楽コンクール大学の部第1位。第68回全日本学生音楽コンクールチェロ部門奨励賞。

第5.6.7回ミュージックアカデミーinみやざきにて選抜され受講生コンサートに出演。倉田澄子、ガブリエル・リプキン、毛利伯郎、石坂団十郎のマスタークラスを受講。チェロを土田浩、西谷牧人、河野文昭各氏に師事。室内楽を中木健二、河野文昭、青柳晋、市坪俊彦、上森祥平各氏に師事。

※稲本有彩の出演回は、7日18時半、8日11時、8日15時、8日18時半です。

 − Creative Staff −

 脚本・演出:酒井一途 / Itto Sakai
1992年3月、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部在学中。
高校在学時より演劇活動を始め、大学に入ると同時にミームの心臓を旗揚げ。

【主な執筆歴】(リンク先PDFファイルが開きます)
2014年 批評『劇の内奥に潜む、かすかな声に耳を澄ませよ』(未発表)
    書評『息、溶けあって風となり』(三田文学 2014年冬期号掲載)
2013年 批評『人間の罪』
    戯曲『東の地で』(2013年5月上演)
2012年 戯曲『幻想の方舟』(2012年9月~10月上演)

Twitter https://twitter.com/itto_sakai
 写真撮影:田中大智 / Hirotomo Tanaka
1992年3月生 東京都在住
2014年9月 慶應義塾大学法学部法律学科卒業

【主な展示】
2013年3月 合作・グループ展 幻視する少女展、デザインフェスタギャラリー 、原宿
2013年10月 合作展 Hallucinatic girls、Galerie Weissraum、京都
【出版】
2014年5月 Tokyo Latitude 共作・遠山啓一 自家出版
【作品収蔵】
PLATTENPALAST、ベルリン

【Artist’s Statement】
街、特に都市の持つ飽和性と固体性を観察し、空虚と孤独を読み取る。そしてそれを象徴するのに相応な美しさを表現しながら、同時に自らに内在する孤独感を対象に投影することが私の主な関心であり、写真に表す必要があると考えている。
Tumblr http://hirotomotanaka.tumblr.com

 − Backstage Staff −

 プロモーション映像製作:田中博巳(FILMEDIA) / 演出助手:秋山未里(慶應義塾演劇研究会) / 小道具:高木宏昌
 制作:小野崎楓